【台湾ワーホリ】台湾でのバスの乗り方・注意点 定期券がお得?

Info / Blog

大家好!안녕하세요!櫻花です:)

みなさんは海外旅行に行く場合、何が一番心配ですか?
私はよくひとりで目的地まで付けるか、交通機関の心配をします。笑
なので今回は台湾でのバスの乗り方や注意点を紹介したいと思います!
私はもともとバスに乗るのが苦手なので、台北在住7ヶ月でやっと1人でもバスに乗れるようになりました!!
でも、実はまったく難しい事はないのでみなさんぜひバスを活用しましょう!
MRT駅が近くにない場所に行く際はバスがとても便利ですよ😊

台湾でバスに乗ろう!

台湾のバスはすべて番号がついているのでまずは自分が行きたいところをGoogleマップなどで調べて何番のバスに乗ったらいいのかを調べましょう!
ちなみにこの画像だと、私が乗りたいのは「311」ですね。

バスの番号を調べたら、次にその路線が通っているバス停を探しましょう!!
このような手のマークや、車道の横にあるTheバス停でこのバス停は何番のバスが停まるかがすぐにわかります☺手のマークのバス停はこんなところに??!という時もありますがちゃんと使えるので安心してください!(笑)

目的地行きへのバス停に着いたらひとまず安心ですね!
ですが、ここでちょっと注意点があります!それが何かというと、、、
Googleマップなどでの案内で反対車線のバス停だった・・・ということがたまにあることです(゜-゜)

実は私も初めて一人でバスに乗ろうと思ったときにマップを頼りにバス停に向かったのですが、悲しいことに反対方向に進んでました( ;∀;)笑
なので、バス停に着いたら自分の乗る予定の番号の停留場表を確認しましょう!
実は、台湾のバスは反対方向でも同じ路線だとバスの番号も同じなので道に慣れていないといつまでも着かない!という事態になりかねません!!><

赤字が今いるバス停で矢印の方向に進む予定です!矢印の先に自分の目的地があるかしっかり確認してからバスに乗りましょう。

バスに乗る際注意することは何?

日本のバスはバス停に人がいたら大体停まってくれると思いますが、台湾でバスに乗るときは手をあげて乗ります!というサインを出さないと素通りしていきます;
なので乗りたいバスが見えたら手をあげて乗りたいことを運転手さんに伝えましょう!!

また、降りるときは下車ボタンを押しますが、バスが停車するまで座ったままでいると間違えて押したと思われ、これまた素通りしてしまう可能性があります!
もしボタン押したのに停まらなかった><と言う時は大きな声で「下車(xia4 che1」と言って停めてもらいましょう!

もう一つの注意点として台湾人は基本的に席が空いていても優先席には座らないと言う事です!
人がいっぱいでも基本的に若い人は立っています。絶対に座ってはいけないというわけではありませんが、頭の片隅に入れておきましょう!
また、どんなに満員でもドアが開いたり閉まったりする場所に立ってはいけません!
右側の写真の黄色い場所は「ここに立つな」という意味なのでできるだけ中に入りましょう!

私のおススメバスアプリ

最近ダウンロードしたアプリがリアルタイムで今どのバス停にいるかお知らせしてくれ、次のバス停までの時間も載っているので、ちょっとコンビニで飲み物買っとこう!と言う時にも便利です^^
バス以外にもMRT、電車、自転車の情報も見ることが出来ます!
検索する場所をタッチすると右の写真のようにバスの番号を打つキーが出てきますが、真ん中右あたりにある緑のキーボードマークを押すと、普通のキーボードに切り替わり目的地を打ってバスを探すことも可能です!
こちらはためしに「故宮博物院」へ行くバスを調べてみました。
どのバス停を通るかもすべて見れるので、ホテルの最寄りのバス停の名前などメモしておきましょう☺
こちらはYoubikeの情報です。どの停輪場に何台残っているか、停める場所が残っているかを数字で見ることが出来ます!ほかのアプリだと色が変わって満杯かどうか見るものもありますが、数字で見れるのはかなりありがたいですね!!

台湾人は1駅前くらいから降りる準備をしている!!

実は私、台湾でバスに乗るようになってから「え?」と思ったことがあります!笑
それは、台湾人は降りるバス停のひとつ前くらいから出口で待機している!!と言う事です。
日本のバスではよく「完全に停車するまで席を立たないでください」とアナウンスがありますよね!
でも、台湾の場合は完全に停車するまで待っていたら上で言ったように下ろしてもらえない可能性があるので、降りる準備をして運転手に降りますということをアピール?したほうがいいです!笑
日本人は漢字が読めるので、ちょこちょこ電子掲示板を見て次のバス停がどこなのか確認しながら乗りましょう!そうすると失敗無くバスを利用できると思います☺

台北市と新北市では定期券のほうがお得?!

もし出張などで1・2か月台湾に滞在したり短期留学する場合で家から会社・学校が遠い+毎日利用する場合は1280元で30日間、台北市と新北市のMRT・バスが乗り放題という定期券を購入したほうがお得な可能性もあります!
例えば、台北駅から淡水までICカードの利用で片道40元ですが、往復だと1日80元。
それが平日毎日(約22日)だとすると80×22=1760元。これだけでも500元もお得ですよね!
しかも休日遊びに行くときにも使えるのでもし毎日公共交通機関を利用するなら、一度計算してみてもいいかもしれませんね!
ちなみに、定期券を購入するとYoubikeの利用料金が最初の30分無料になります☺

まとめ

ここまで海外での交通がかなり心配な私が台湾でバスに乗る際の注意点などをまとめてみました。
私は長崎出身で電車の路線も2,3本しかないところで生きてきたので台北の路線が多く難しく感じていますが、普段東京や大阪などの都市で暮らしている人にとっては簡単かもしれませんね!!
バスをうまく利用して出来るだけ歩かなくていい(笑)楽しい旅行にしましょう~!では、再見☺

コメント

タイトルとURLをコピーしました